シワケアを優先させる

体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていたプチ断食を何度か行って、3kg体重が落ち、憧れの40kg台になりました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、運動も併用していたのですが、デコルテから顔にかけてのシワが部分的にとても目立ってきたような気がするんです。

せっかく痩せたのに、残念です。

どうでしょう。これってダイエットと関係あるのでしょうか。

肌の手入れはしていたけど足りなかったのかも。しばらくはシワケアのほうを優先させ、落ち着いたらダイエットに再挑戦しようと思っています。洗顔料を落としの腰があると肌の状態が荒れてしまうこともあるので、すすぎ足りないことがない様にしましょう。洗顔が終わった後には、化粧水や乳液などを利用して、保湿をちゃんと行って下さい。保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワが目立ちやすくなります。保湿をちゃんとやれば、シワができない様にすることが可能なのです。顔ニキビの防止をしたり、出来たニキビを正しく改善させるには、栄養バランスのとれた食生活を食べていくことが大事です。

特に野菜を多く摂っていくことは極めて重要なことだと思います。

野菜はビタミンミネラルが豊富ですから、そういったことを意識して食べるのが一番理想です。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、それだけで肌は薄くなるそうです。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これはごく薄い層の集まりで、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。表皮は皮膚(実は常在菌がいるそうです。

そう考えるとちょっと怖いかもしれません)のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまうのです。そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、それでシワやたるみが起こるのです。アトピーの人は、どういったお肌のお手入れが正解なのでしょうか?アトピーの原因は完璧に解き明かされているわけではありませんから、これが正しいという肌のお手入れ法や治療法などは見つかっておりません。ですが、アトピーを持っておられる方は、ごくわずかな刺激や体温の上昇で痒みの症状が現れてきますから、普段から出来るだけ刺激を与えないことが大事です。私自身、ニキビ予防に効く飲み物は、今まで聞いたことがないでしょう。

しかし、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激してしまうので、辞めた方が良いです。

ニキビと肌荒れは別のものですが、お肌のために悪い事をすると、ニキビをさらに悪化させてしまうことに持つながるのです。ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はちょっと考えて下さい。砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。体内で糖分(糖質とも呼ばれます)がタンパク質と反応し、老化の進行を早める糖化生成物に変化するのです。コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態が心配されます。くすんだ肌が気になってき立ときにはもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまうのです。洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、肌の保湿成分が配合された洗顔料でたっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石けんを使用すると効果倍増です。シミ、そばかすなどの肌の老化トラブルをわずかでも薄くできたらと思って、ビタミンC誘導体が配合されている美容液を使っています。

いっつもの洗顔をしてから、美容液を指先にのせて、トントンとパッティングするようになじませます。使用を初めてから一ヶ月くらいでシミとかそばかすが目立ちにくくなっ立と思えたので、嬉しくて、喜びの気もちでいっぱいです。おでこにニキビが出来たりすると、何としてでもまえがみなどで隠そうとしてしまいます。

ですが、その様な行為は悪化してしまう行為ともなるので、できるだけまえがみで隠すといったことはやらずに毛髪が直接ニキビに接触することのないようにできるだけ刺激を与えないことが重要です。